<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

続4-外風呂&コンポストトイレづくり

引き続き、コンポストトイレ製作中です。
内装の棚や、出入り口の建具、コンポストタンクの出し入れ口を
取り付けて、土壁塗りが始まりました。

どういう仕上げにするかなぁーとか、アイディアを練る時、
K はこのトイレの中に座って考えていた。
人はこいう狭い空間が何故だか落ち着くのよねー。
f0058274_211954100.jpg

外側塗り、内側塗り、ぐるりと一周して、
トイレ内部の詳細部分を仕上げて、
ソーラーシステム(電気)を組み込めば、完成となるか---
なんとか今月一杯の完成を目指したい! (T)
[PR]
by kura_do | 2009-09-19 21:44 | パーマカルチャー | Comments(2)

続3-外風呂&コンポストトイレづくり

なんとか五右衛門風呂に入れるようになったので、
次はコンポストトイレづくりに取り掛かっている。
f0058274_2123581.jpg

トイレのシステムは、
バイオガスを組み入れてみるか・・・
なんて考えもあったが、少人数の糞尿でガスを発生
させることは難しく、副産物で液肥がくみ出せる事は魅力的ではあるが、
大掛かりな設備を考えると・・・却下。

みみずコンポストトイレにしたら・・・
みみずは尿が大嫌いなようで、このトイレタンクの小さな容量では
逃げ場を失い、死んでしまうか逃げ出してしまうだろうーーー。

結局このトイレは、シンプルな糞尿を分けて溜めるタイプに落ち着いた。
f0058274_21382729.jpg

薪用に頂いた端材や、古家の解体材、敷地の竹などを利用して
パッチワークの様に製作中! (T)
[PR]
by kura_do | 2009-09-13 22:15 | パーマカルチャー | Comments(0)

外風呂のシステム②

日に日に秋めいてきました。
こちらは、夕方の風はかなり涼しく感じます。

今日の天気は、晴れ(時々曇り)気温22℃くらい。
気温はそれほどではありませんでしたが、
夕方、温水器からおとしたお湯の温度は36℃くらい。
太陽が出てくれると、温水器は活躍してくれそうです。

太陽光温水器以外に、この風呂のもう一つのシステムは、
薪を焚く先の煙道が洗い場の下を通っていくオンドル式になっていること、
そして、その煙道の先に、縦型の湯沸し寸胴を設置してあることです。
この湯沸し寸胴は中央に煙突が通る仕組みになっていて、
薪を焚くと、寸胴の水が温かくなるという優れものです。
f0058274_20314011.jpg

曇りの日で、温水器の温度があまり上がらず、長く焚いた日には、
洗い場の床は熱くなり、寸胴の水はみごとにお湯になっていました。

一つの焚くエネルギーを、風呂を焚き、洗い場の床を温め、給湯用に、
と使いきれると満足。
満足ついでにもう一つ企みが・・・
もう少し涼しくなって、長く焚く日には、焚き床でパン焼きしてみたいー(T)
[PR]
by kura_do | 2009-09-09 20:49 | パーマカルチャー | Comments(3)

再会

8月末、NZより訪日していた Rainbow Valley Farm のトリッシュに
会いに出掛けて来た。
トリッシュの東北地方訪問に合わせて、少し足を延ばし花巻のウレシパモシリ、
仙台のコトコトへと同行してきた。
f0058274_20451661.jpg

ウレシパモシリの酒匂さんのところ。
パーマカルチャーを実践している農場を見学させてもらい、樹木と田畑の関係や、
地域との係り、・・・・酒匂さん自身が15年経験してきたことは深く、とても勉強になった。
f0058274_2134285.jpg

仙台コトコトではアーバンパーマカルチャーとしての仕事や学びの場をつくりだしている。
それぞれの場所でそれぞれのかたちで動き出していて、同じ東北の場所で点と点が
繋がり出せたら面白くなりそうだ。

トリッシュとは、私たちが2004年にRainbow Valley Farm でWOOFをして以来5年ぶり、
昨年、Joeが他界してから初めての再会でした。
悲しみを抱えながらも、これからの未来に向かって力強く動き出している姿に
逆にエネルギーをもらったように思う。
f0058274_20314836.jpg

Rainbow Valley Farm で私たちが実際に見て、体感できたことが
とても大きな経験になっている。
私たちの場所もそういう場所になるようにエネルギーを注いでゆきたい。(T)
[PR]
by kura_do | 2009-09-04 21:50 | パーマカルチャー | Comments(0)