<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今年の建具製作はここまで?

時の過ぎ行くのは早いもので、
我が家の建設も、着工してちょうど一年が経ちました。

工程としては、こんなものかな?という印象です。

さて、寒くなるまでに塞ごうとしていた外部建具は、
全部は無理でしたが、だいたい塞ぐことができただろうか?

南東面はこんな感じ。
f0058274_17554292.jpg

画面では分からないだろうが、出窓の一部建具が未完のままだ。
年内中に何とかなるだろうか?

そして、北面はこんな感じ。
f0058274_17581864.jpg

問題のかまどオーブンペチカの換気扇とか煙突部分の納まりが、
まだ保留中なので、コンパネで打ち付けて今年はおしまい。

西面は、風呂周りの未決定事項が多いので、
未だ手付かず・・・
ブルーシートで覆って乗り切る予定です。

風呂がなかなか決まりません・・・
二転三転してまた戻ってきて・・・という状態・・・
もう少し悩むとします。

建具製作は、正直自信が無く、本当に自分にできるだろうか?
と始めたのだが・・・

何とかなりそうだ!

また少し自信がついた。(K)
[PR]
by kura_do | 2007-12-28 18:11 | 建築 | Comments(2)

お宅訪問

昨日は、最近知り合いになった方の所に行ってきた。
その方Hさんも、我々と同じ移住者で、移住して10年程が経つ
我々の先輩である。

今回話してみて分かったことだが、T(家の奥さん)と実家が近所で
地元話にも話が弾んだ。

Hさんの自宅は、我々と同じように建て方まではプロにお願いして、
後は自分達で作ったらしく、随所に工夫が見られ、とても参考になった。
中でも、家の真ん中には自作の暖炉があり、これ一台で、家の中は
ポカポカだった。大きな蓄熱体があるとこういう暖かさを享受できるのかと
身をもって体感できたことが嬉しい。
f0058274_1726428.jpg

最初は、前面のスチールフレームのボックスは無く、純粋な暖炉だったが、
煙が前面に出てきてしまって、今の形になったとのことだが、
煙突を長く横引きしているために引きが弱いのかもしれないとHさんは言っていた。
とは言っても、扉の耐熱ガラスが煤けるわけでもなく、すごくきれいで、
炎が見れる生活とは良いなあ~と再確認した。
私が今まで見てきた数少ない薪ストーブは、ガラスの扉はあるのだが、
中で火が燃えているかの確認が難しいほどに煤けていたりして、
ガラスの扉にする意味があるだろうか?と疑問にも思っていたのだが、
やっぱり、炎が見れる暮らしはすばらしい!
私なりの所感では、スチールボックスが外に張り出していることと、
炉の内部がかなり容量が大きいことと背の高さなどにその要因があるのかな?
と思った。我が家で計画している「かまどオーブンペチカ」にも
とても良い参考になった。

帰ってきて思ったのだが、今回の訪問で、
撮ってきたのは、暖炉だけだった。
話がおもしろくて、ついつい撮るのを忘れてしまった。
しまった!

Hさんは、日々の暮らしぶりをブログで綴っている。
それも毎日更新している!(我々とは大違いだ)
おもしろいので是非見てください。
http://blog.goo.ne.jp/rakuenfarm/
たくさんの生き物に囲まれながら、楽園を創っていらっしゃいます。
生き物たちと暮らす心地良さも良いなあ、と思いながら帰途についた(K)
[PR]
by kura_do | 2007-12-13 18:16 | 日常 | Comments(8)

実験

現在、自宅を建設する中で、保留としている所がいくつかある。

その一つに換気扇をどうするか?
という保留事項がある。

一般的には、換気扇は電気を使い、強制換気をして
臭気を排気するわけだが、
電気をソーラー発電で賄おうとしている我が家にとっては、
少しでも、消費電力は減らしたいところ。

換気扇も、たいしたワット数ではないため
しょうがないかな?と思っていたのだが、
ホームセンターなどで換気扇を物色していても
どうも設置する気になれないでいた。

何とか、電気を使わないで、換気扇の代わりとなるものを
作れないだろうか?そんなことを考えながら
今回の実験となった。

現在のお蔵での暮らしに換気扇は無く、
天ぷらでもしようものなら、油の臭いなどが
部屋中に充満する。
料理の臭いを何とかしなくてはならないという思いもあったので
これでうまくいけば一石二鳥というわけだ。

実験内容は、薪ストーブの煙突効果による引きを
利用して、何とか料理の臭気も引っ張ってくれないかな?
というもの。

本体はこんな感じ。
f0058274_17321612.jpg


多少は、引っ張ってくれるようだ。
f0058274_17332512.jpg


効果の程は、使いながら
また、レポートします。(K)
[PR]
by kura_do | 2007-12-04 17:36 | 建築 | Comments(3)