<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

込み栓、貫、小舞

残りの込み栓と貫を完了しました。

f0058274_18503631.jpg


f0058274_185053100.jpg


わが家は、極力、金物を使わない、木は木で締める構造としています。
金物を使っているのは、建築基準法で指定されている所だけです。
これは、木を金物で締める剛構造よりも、木は木で締める柔構造の方が
木造には合っているのではないか、と思っているからです。

剛構造は、木と金物の接合部が破断すると終わりです。
一方、柔構造は、木と木の接合部が破断しても完全には破断せず
非常にねばりがあります。なので、地震などでも完全には倒壊せず、持ちこたえます。
柔よく剛を制す、なのです。
でも、地震が来てみないと分かりませんが・・・
実験住宅ですね。

さて、わが家の耐震壁は、すべて土壁なので、
壁下地は小舞となります。
竹小舞が一般的と思われますが、
わが家は、木小舞下地です。(一部、竹小舞もやってみるつもりですが・・・)
これは、大量に製材した側材を有効に活用しようと思ったからです。
試しにちょっとだけやってみました。

f0058274_19334518.jpg


本当は、こんなことをやっている場合ではないのですが・・・
屋根を仕上げてしまわなければならないのですが、
この屋根の仕上げが、二転三転しているのです。

この話は、次回にしましょう。
[PR]
by kura_do | 2007-03-29 19:39 | 建築 | Comments(4)

一息

建て方が終わり、
M工務店にお願いしていた最終工程へ。

屋根は、野地板を張り、ルーフィングまで。

f0058274_14305017.jpg


構造に関しては、貫部分まで。
楔で止めていきます。(ビスも併用します)
f0058274_1432151.jpg

f0058274_14322924.jpg


貫に関しては、建て方をしながら30ミリの厚板を貫として使いたかったのですが、
そうすると、クレーン車を2日も3日も頼むということになり・・・
何せ、35000円/日もかかるので、クレーン車は、1日だけ頼むということにしたのでした。
結局、貫は15ミリとして、建て方した後に設置するという、少し邪道な方法を選択しました。

貫や込み栓は、すべてではありませんでしたが、あらかたやってくれ、
あとは、自分で出来そうな範囲だったので、
M工務店にお願いする範囲は、ここまでとしました。

f0058274_1445110.jpg


予想以上の工期短縮となりました。
しかし、ここからは、2人だけでの施工となるので
竣工は何年後になることか?

まあ、マイペースでやっていきます。
[PR]
by kura_do | 2007-03-25 14:53 | 建築 | Comments(2)

建て方

3月17日の土曜日に建て方をしました。
ここまで長かったような、あっという間だったような・・・

まず、柱から番付けに従って建てていきます。
f0058274_18494292.jpg


そして梁材へ・・・継手なども何とか納まっていきます。
f0058274_18511387.jpg
f0058274_18512519.jpg


午後を過ぎてあらかた仕上がっていきます。
f0058274_18522875.jpg


垂木までの作業でした。
総勢5人の大工さんに来てもらっての作業でした。

これは、翌日の日曜日の早朝の風景。
f0058274_18545576.jpg


月曜からは、野地板張りと貫の設置へと移ります。
[PR]
by kura_do | 2007-03-18 18:57 | 建築 | Comments(1)

いよいよ明日、建前。

f0058274_2151436.jpg














早朝から晩まで、棟梁について刻み作業をしてきたうちの旦那さま。
毎日毎日ヘトヘトになって帰って来た。
その甲斐あって、3週間弱という猛スピードで材の加工が終わり、
トラック3台分の材が運び込まれた。


f0058274_21553698.jpg



f0058274_21555967.jpg

土台、大引、火打ちまで入れて調整し、いよいよ明日の建前を待つばかり。
明日、ここに家のかたちが出来るのかと思うと、
ワクワクしてなんだか眠れそうにありません。
[PR]
by kura_do | 2007-03-16 22:14 | 建築 | Comments(0)

刻みはつづく

まだ、刻んでいます。
棟梁の刻み方などを
盗み見ながら、真似しながら
刻んでいますが、なかなか
時間がかかります。

f0058274_2039796.jpg


まだまだ当分刻み作業の予定です。
[PR]
by kura_do | 2007-03-06 20:43 | 建築 | Comments(0)

墨付け・刻み

いよいよ、M工務店にて
墨付け・刻みが始まりました。

墨付けは、梁材から。

私の仕事は、ほぞ穴を木工機械で
掘っていくこと。

ほぞ穴を掘り終えた後は、
蟻加工のオスの方をつくっていきます。

f0058274_134556.jpg


棟梁の方は、梁材の墨付けを終えると、
難しい仕口の加工へと入りました。
さすがプロの仕事です。

f0058274_13101173.jpg


それに、すごいスピードです。

もうしばらく続く刻み作業は、
非常に実りの多い日々となりそうです。
[PR]
by kura_do | 2007-03-04 13:17 | 建築 | Comments(0)