<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

製材搬入

建物の骨格を構成する軸組みに
必要な製材を近所の工務店に搬入しました。

f0058274_1932359.jpg


移住当初は、材の刻みや建て方もすべて自分達で
やるつもりでいました。
ところが、わが町は都市計画区域外でも
全域、確認申請が必要です。

ということは、建てる住宅は、建築基準法に
合致した住宅にする必要があります。
掘っ立て小屋というわけにはいきません。
そのような流れで基礎工事もお願いすることになりました。

おまけに、最近の法改正により
原則として、24時間換気が義務付けとなりました。
これは、シックハウス症候群の影響で法改正となったのですが、
新建材などを使わず、シックハウス症候群の影響が
心配なくても、原則義務付けです。

自然素材を旨として、高気密高断熱住宅でもない
住宅を建てようとしている私たちにとっては
全く必要のない、ただ電気だけがかかる代物です。

なので、24時間換気を設置しなくても良い
24時間換気設置除外規定による住宅とすることにしました。

要求としては、壁を真壁造とすること。
建具の枠を木枠とすること。
内装に合板などを使わないこと、などでした。

下の2つは元々予定していたことでしたが、
真壁構造では、冬、寒いだろうなあなどと
少し躊躇しましたが、寒くて耐えられなかったら
確認申請完了後に、大壁に直してしまえば良い
と勝手に判断。

工法は、貫工法による土壁塗り仕上げの住宅にすることにしました。
貫工法による土壁塗りの壁倍率が大臣認定で0.5から1.5に
変わったこともかんがみての決断でした。

ここで困ったのは、自分達だけで作れる家から
現実の選択がどんどんずれてきた事です。

自分達だけで作るのであれば、2×4住宅にするという
方法もあるのでしょうが、地産地消の自然住宅が
根底にある私たちとしては・・・
難しい選択でした。

そんな時に出会ったのが、M工務店でした。
M工務店の社長は、とても懐の広い方で
私たちの考え方に理解を示してくれて、

墨付けは、ベテランの棟梁にお願いする。
刻みは、原則私たちがやり、むずかしい納まり
は、棟梁にお願いする。
建て方は、人工をかけて短期間で終わらせる
という内容で、安価に引き受けてくれたのでした。

墨付けに入る前に、
特記仕様書、伏図、軸組図と軸組み模型を作って
担当者レベルの打ち合わせです。

f0058274_2083425.jpg


ゆっくりとだが、希望が現実へと動いていくのが嬉しい。
[PR]
by kura_do | 2007-02-24 20:24 | 建築

薪ゲット

薪をいただけると聞いて、
軽トラでひとっ走り行ってきました。

クヌギの木らしいです。
やっぱり、広葉樹は嬉しい。

f0058274_1894675.jpg

[PR]
by kura_do | 2007-02-17 18:10 | 日常

パーマカルチャーな暮らし(多機能性②)

以前、暖房、調理、給湯と多機能な
薪ストーブの話はしたことがあると思いますが、
今回は、調理についての補足をします。

わが家では、たまに天然酵母のパンや
クッキーを焼きます。

何で焼くのかというと、オーブンで焼くのですが、
電気やガスオーブンではなく、
昭和の時代に活躍した、コンロ上乗せ型のオーブンで焼きます。

このオーブンは、オーブンの下部に
穴が開いていて、ガスコンロなどの
上に置いて、火力で内部を暖めるというものなのです。

わが家は、ガスを入れてないので、
ストーブの熾き火を七輪に移して、
その上にオーブンを置いて焼きます。

f0058274_17442741.jpg

f0058274_17445992.jpg

30~40分で焼きあがります。
この日は、低農薬のリンゴの皮から起こした酵母で焼きました。
といっても、作ったのは家の奥さんですが・・・
私は、食べるだけ。

このような出来栄えになります。
f0058274_17511621.jpg

これが、おいしいのです。

熾き火まで無駄なく活かして、
電気もガスも使わずに、薪だけで調理をするという行為に
喜びを感じるこの頃です。
[PR]
by kura_do | 2007-02-14 18:09 | パーマカルチャー

まだ製材中

わが家の工事は、まだ木材の製材中。
そろそろ終盤といったところでしょうか?

角材にしたり、
f0058274_101492.jpg

f0058274_10143414.jpg

その残りの側材で、厚板などをとります。
f0058274_10154346.jpg

6mの長ものの梁材は、この丸太でとります。
f0058274_10164636.jpg

[PR]
by kura_do | 2007-02-11 10:19 | 建築

製材

わが家の建設工事ですが、その後の進捗状況です。

基礎工事は、いまだ養生中。
もう型枠を脱型してもよいのですが、
基礎屋さんが忙しいのと、我々も
急いでないので、そのままになっています。

上屋の方は、現在やっと材木の製材です。
製材は、近くの製材屋さんに頼みました。
木割り表を渡して、製材してもらっています。

こんな感じで、梁材にしたり、
f0058274_835592.jpg


4寸角の材にしたり、
f0058274_852981.jpg


現在の心配事は、
持ち込んだ材木で、すべてまかなえるか?
ということで、足りなければ
新たに、丸太を買わなければなりません。

自宅建設は、楽しいだけではなく、
常にコストを意識して、取り組まなければならない
ということを、日々実感しています。
[PR]
by kura_do | 2007-02-08 08:21 | 建築

屋根修理

我が家の敷地には、お蔵が2軒あります。
1軒は私達の所有で、もう1軒は元の地主さんの
所有となっています。
元の地主さんが、不動産屋さんに土地を売る際に、
まだ、お蔵の中に荷物があって、そのお蔵だけ
売り地から除いたためです。

現在では、お蔵から荷物も出されて、
私達が、借りています。
当初は、買わないか?と言われたのですが、
今後、家も建てなければならなかったりと
お金も必要なために、借りることにしたのでした。

我々所有のお蔵に住まなかったのは、
傷みが、所々にあり、中でも
瓦屋根部分は、1枚瓦がない部分や、ずれてる所があったりして、
これは、修理しないとまずいなあという状態でした。
でも自分達で、直せるかというと、
怖いという思いもあって、無理だと思い込んでいました。

しかしながら、修理を頼むとなると、
結構なお金を請求されるだろうなあ
などと考えたり、お蔵は置き屋根構造のため、
室内が、雨漏りするという状態でもなかったので
そのままとなっていました。

まずいと分かっていても、手がつけられない。
こんな状態で時が過ぎていました。

それが、我々が提出した確認申請で
家を新築するということを知った瓦屋根屋さんが
営業に来たのを機に、この問題が一気に解決したのでした。

瓦屋根屋さんには、新築する家は
瓦屋根にする気は無いのだけれど
お蔵の瓦屋根では困っている旨を
伝えると、完璧に直すとお金がかかるけど、
応急処置的な修理なら1万円かかるか
かからないかで直してくれるというので、
お願いすることにしたのでした。

この画像で分かるかどうかですが、
瓦が、1枚無い所があります。(画像中央辺り)
f0058274_18122647.jpg

このような箇所が、4~5箇所あります。
てきぱきと直していきます。
f0058274_18193051.jpg

2時間ほどで、修理も終わり
「じゃあ、5000円ばっかもらうか」と屋根屋さん。
もっと早く直してもらうんだったなあ。
[PR]
by kura_do | 2007-02-01 18:33 | 日常