カテゴリ:日常( 73 )

アカシアの木

またまた久しぶりの更新です。

工事の方は、建具の金物取付け作業も終了し、一段落。
現在は、風呂を何とかしようとしています。
この風呂がなかなか決まりません。
理想と現実(コスト)のはざまで右往左往としています。
まあ風呂に関しては、またじっくりと・・・

工事が一段落したこともあって、来年の薪の準備をぼちぼちと始めました。
薪に頼る暮らしのため、薪をもらえるとかそういう情報にはとても敏感な私達。
何せ死活問題なので・・・(来年とか言っていますが、実は一年中必要です)

去年、伐採している現場に居合わせた家の奥さんがもらう交渉をして、
もって行っていいと言われていたアカシアの木。
手持ちのチェンソーで切れる分だけ持って行ってたのですが、
幹周りが太い部分は、全然歯が立たずそのままにしていました。
車でその横を通るたびに、そのまま放置されているアカシアの木を見ては、
せっかくくれると言ってくれてるし何とかしなくては・・・とずっと思っていました。
しかし、手持ちのチェンソーは、ハスクバーナ141という機種でバーの長さが38センチ。
とても堅木のアカシアの太い部分は太刀打ちできませんでした。

そこで、最近は、中古のチェンソーをネットオークションなどで物色していました。
パワーもあるバーの長さ45センチぐらいのものを狙っていました。
メーカーは、ハスクバーナかスチール、ゼノアのどれかで程度の良さそうなもの。
結構競り負けたりして、なかなか決まらなかったのですが、

とうとうハスクバーナ254XPをゲット!!
もう型番が変わったりしている古いものですが、私には十分すぎます。

本日は、初使用の日!
切れ味は、抜群!!
f0058274_1757496.jpg

[PR]
by kura_do | 2008-01-30 18:02 | 日常 | Comments(9)

初詣

また1年、無事に過ごせるように初詣に行ってきた。
f0058274_1435274.jpg


さあ、明日から始動です!
[PR]
by kura_do | 2008-01-02 14:36 | 日常 | Comments(0)

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

今年も家づくりが続きます。

今年は、内装・設備工事がメインとなります。

今年は、もう少しまめに更新ができるかな?(無理かな?)

f0058274_1344976.jpg


今年も宜しくお願い致します。
[PR]
by kura_do | 2008-01-01 13:06 | 日常 | Comments(9)

お宅訪問

昨日は、最近知り合いになった方の所に行ってきた。
その方Hさんも、我々と同じ移住者で、移住して10年程が経つ
我々の先輩である。

今回話してみて分かったことだが、T(家の奥さん)と実家が近所で
地元話にも話が弾んだ。

Hさんの自宅は、我々と同じように建て方まではプロにお願いして、
後は自分達で作ったらしく、随所に工夫が見られ、とても参考になった。
中でも、家の真ん中には自作の暖炉があり、これ一台で、家の中は
ポカポカだった。大きな蓄熱体があるとこういう暖かさを享受できるのかと
身をもって体感できたことが嬉しい。
f0058274_1726428.jpg

最初は、前面のスチールフレームのボックスは無く、純粋な暖炉だったが、
煙が前面に出てきてしまって、今の形になったとのことだが、
煙突を長く横引きしているために引きが弱いのかもしれないとHさんは言っていた。
とは言っても、扉の耐熱ガラスが煤けるわけでもなく、すごくきれいで、
炎が見れる生活とは良いなあ~と再確認した。
私が今まで見てきた数少ない薪ストーブは、ガラスの扉はあるのだが、
中で火が燃えているかの確認が難しいほどに煤けていたりして、
ガラスの扉にする意味があるだろうか?と疑問にも思っていたのだが、
やっぱり、炎が見れる暮らしはすばらしい!
私なりの所感では、スチールボックスが外に張り出していることと、
炉の内部がかなり容量が大きいことと背の高さなどにその要因があるのかな?
と思った。我が家で計画している「かまどオーブンペチカ」にも
とても良い参考になった。

帰ってきて思ったのだが、今回の訪問で、
撮ってきたのは、暖炉だけだった。
話がおもしろくて、ついつい撮るのを忘れてしまった。
しまった!

Hさんは、日々の暮らしぶりをブログで綴っている。
それも毎日更新している!(我々とは大違いだ)
おもしろいので是非見てください。
http://blog.goo.ne.jp/rakuenfarm/
たくさんの生き物に囲まれながら、楽園を創っていらっしゃいます。
生き物たちと暮らす心地良さも良いなあ、と思いながら帰途についた(K)
[PR]
by kura_do | 2007-12-13 18:16 | 日常 | Comments(8)

柚子

f0058274_19312437.jpg

柚子ってなんていい香りなんだろうか。
ただ、枝のトゲの大きいこと、そのトゲに触れると痛いのなんのって。
「いたたっ」と言いながら本格的な冬が訪れる前に、柚子を収穫した。

我が家の柚子の木は、300年ほど前からこの地を見守っている大木です。
その柚子の木を、私たちは勝手にこの集落の守り神さまと思っているのです。
なので守り神さまの生り物は、私たちのものであって、私たちだけのものではない。
まず、集落のみなさまにお裾分けしています。

柿は一年おきに生ると聞いたが、柚子にも生り年、裏年があるのだろうか。
今年はよく生ったので、余剰分を乾燥させたり、ジャムなどに加工してみようかな。(T)
[PR]
by kura_do | 2007-11-21 20:37 | 日常 | Comments(5)

秋 深まる

お隣さんに生っている柿をたくさん頂いた。
渋柿なので、皮をむき、建築中の軒下に吊るした。
秋の青空と柿のコントラストはとても美しい。
f0058274_20511371.jpg

植樹した我が家の柿はいつ実をつけるだろうか、
桃栗3年柿8年・・・かぁ。
大馬鹿と言われる柚子は、嬉しいことに大木が土地にあった。
その柚子の実も日に日に色づいている。
f0058274_2131344.jpg

我が家からの紅葉の見ごろはまだ先になりそうだが、
実りの秋と、秋の色を愉しんでいる。(T)
[PR]
by kura_do | 2007-11-01 21:43 | 日常 | Comments(3)

大収穫

地元の方に、食べられる茸がそこらで採れるよと
教えてもらい、敷地に出ていないかなぁと見ていたら、
(K)が、先日草刈りした畑にたくさん出ていたよーと・・・・
話が繋がってしまい、いてもたってもいられず、
家作りそっちのけで見に行ってみた。
f0058274_19175347.jpg

切り倒した桑の木の辺りにゾクゾク出ていた。
ただ、茸は食べられるか知っていないと、ひどい目に合う。
やはり地元の人が一番と思い、お隣のじっちちゃんに見てもらった。
見た瞬間に食べられるよぉ、とのこと。
f0058274_19403430.jpg

嬉しくなってこんなに採った。(これでもまだ採りきれない)

以前、茸にあたり、ひどい思いをした私たちは、慎重に慎重を重ね、
きのこ図鑑でも調べてみた。
どうやら「ハタケシメジ」のようだ。

さっそく、茸の煮付けと、きのこパスタをつくり、残りは乾燥させてみた。
くせもなく、なんとも美味しかった。

山の中で採る茸のような楽しさは無いが、
敷地で、こんな美味しい茸が毎年採れるかも・・・と思うと嬉しいかぎりだ。(T)
[PR]
by kura_do | 2007-10-21 19:59 | 日常 | Comments(8)

薪の確保

このごろ朝晩と大分涼しくなり、暖房としても
ストーブを焚きたいくらいになってきました。

料理だけでなく、暖房として焚き出すと、
いっきに消費量が増えてしまいます。
薪に頼った我が家の暮らしにおいて、
薪の確保は何をおいても重要な仕事です。

前にもらったのもあるのですが、
ほとんどが生木だったので、もう少し乾燥時間が必要です。
しっかり乾燥させないと、燃焼効率が悪くなるのです。

これから春先までのことを考えると、
心細くなるようなストックなので、
今日は家作りはお休みして、
いつもお世話になっている、製材所へ行ってきました。
f0058274_1755229.jpg

中には何かに使えそうな材も混じっているので
私たちにはお宝の山です。

今日はまだ競争相手は来ていなかったのか、
たくさん積んでありました。
また近々来なくては・・・!
f0058274_17554069.jpg

軽トラにぎっちりと2回積んできました。
薪が潤い、何とも言えない安心感で充たされました。(T)
[PR]
by kura_do | 2007-10-03 18:37 | 日常 | Comments(4)

復旧作業

台風が過ぎ去って、しばらく経ちました。

台風の被害は、我が家も少なからず受けました。

新築中の自宅内部に、雨水が入り込み、
中はプールのようになってしまいました。
道路は、やはりガタガタに掘れてしまった。
特に入り口は一部V字のように掘れてしまって、
車体の高い車しか進入できないことに・・・
畑の支柱は、半分以上は倒れてしまった。
柚子の木の一部が折れてしまった。
移住してから植えた、プラムの苗木の一部が
折れてしまった・・・・・・

RVFでWWOOFerしてた時、嵐があって、
道路が掘れたり、リンゴの木が根元から折れたり、
外キッチンのテントが吹き飛んだり、母屋が雨漏りしたり、
そんな時の、ジョーのあの何ともいえない表情がふと頭をよぎる。
そして、あのときのジョーの気持ちが、今にしてようやく痛いほど分かる。

あの時のジョーがそうだったように、黙々と復旧作業に取り掛からねば・・・

復旧作業で一番先に取り掛からねばならなかったのは、新築中の自宅横に
つくった作業小屋だった。
どうせ仮設だし・・・と思って、簡単に外側をビニールで覆ったものだったが、
案の定と言うか、やはりこの台風でもろに被害を受けた。
f0058274_13491817.jpg

見かけはたいしたことが無いようだが、台風でビニールを留めていた
金具が外れたり、横殴りの雨が、中にジャンジャン入り・・・
かなり投資して購入した工具類のことを考えるとこのままで良いはずもなく、
やはり仮設であっても、一年に数度しかない有事にも耐えられるものに
変える必要性を感じた。
なので、ここ数日は、作業小屋の復旧に取り組んでいました。

外観は、このようにリニューアル。
f0058274_13552774.jpg

内観は、工具類をすべてここに集めました。
そして、作業用のテーブルなども作った。
f0058274_13574419.jpg


これを足がかりに、少しづつ復旧作業を進めていきます。(K)
[PR]
by kura_do | 2007-09-12 14:04 | 日常 | Comments(4)

大助かり。

この週末、ふと思い立ったらしく東京の父が、ふらっ~とやって来た。
来て早々、仕事着に着替えて黙々と草刈りをしてくれた。
日々、気にはなっていても、作業の優先順位からすると、なかなか
手をつけられなかった場所を黙々と草刈りしてくれた。
とても助かった~
f0058274_2152534.jpg

果てしないなぁ~と言いながらも草を刈り、汗びっしょになっていた。
お疲れさまでした。

汗をたくさんかくと、疲労感はあっても体がリフレッシュするように思う。
またふら~っと、いつでもリフレッシュしに来てください!(T)
[PR]
by kura_do | 2007-09-09 22:18 | 日常 | Comments(9)