カテゴリ:建築( 60 )

墨付け・刻み

いよいよ、M工務店にて
墨付け・刻みが始まりました。

墨付けは、梁材から。

私の仕事は、ほぞ穴を木工機械で
掘っていくこと。

ほぞ穴を掘り終えた後は、
蟻加工のオスの方をつくっていきます。

f0058274_134556.jpg


棟梁の方は、梁材の墨付けを終えると、
難しい仕口の加工へと入りました。
さすがプロの仕事です。

f0058274_13101173.jpg


それに、すごいスピードです。

もうしばらく続く刻み作業は、
非常に実りの多い日々となりそうです。
[PR]
by kura_do | 2007-03-04 13:17 | 建築

製材搬入

建物の骨格を構成する軸組みに
必要な製材を近所の工務店に搬入しました。

f0058274_1932359.jpg


移住当初は、材の刻みや建て方もすべて自分達で
やるつもりでいました。
ところが、わが町は都市計画区域外でも
全域、確認申請が必要です。

ということは、建てる住宅は、建築基準法に
合致した住宅にする必要があります。
掘っ立て小屋というわけにはいきません。
そのような流れで基礎工事もお願いすることになりました。

おまけに、最近の法改正により
原則として、24時間換気が義務付けとなりました。
これは、シックハウス症候群の影響で法改正となったのですが、
新建材などを使わず、シックハウス症候群の影響が
心配なくても、原則義務付けです。

自然素材を旨として、高気密高断熱住宅でもない
住宅を建てようとしている私たちにとっては
全く必要のない、ただ電気だけがかかる代物です。

なので、24時間換気を設置しなくても良い
24時間換気設置除外規定による住宅とすることにしました。

要求としては、壁を真壁造とすること。
建具の枠を木枠とすること。
内装に合板などを使わないこと、などでした。

下の2つは元々予定していたことでしたが、
真壁構造では、冬、寒いだろうなあなどと
少し躊躇しましたが、寒くて耐えられなかったら
確認申請完了後に、大壁に直してしまえば良い
と勝手に判断。

工法は、貫工法による土壁塗り仕上げの住宅にすることにしました。
貫工法による土壁塗りの壁倍率が大臣認定で0.5から1.5に
変わったこともかんがみての決断でした。

ここで困ったのは、自分達だけで作れる家から
現実の選択がどんどんずれてきた事です。

自分達だけで作るのであれば、2×4住宅にするという
方法もあるのでしょうが、地産地消の自然住宅が
根底にある私たちとしては・・・
難しい選択でした。

そんな時に出会ったのが、M工務店でした。
M工務店の社長は、とても懐の広い方で
私たちの考え方に理解を示してくれて、

墨付けは、ベテランの棟梁にお願いする。
刻みは、原則私たちがやり、むずかしい納まり
は、棟梁にお願いする。
建て方は、人工をかけて短期間で終わらせる
という内容で、安価に引き受けてくれたのでした。

墨付けに入る前に、
特記仕様書、伏図、軸組図と軸組み模型を作って
担当者レベルの打ち合わせです。

f0058274_2083425.jpg


ゆっくりとだが、希望が現実へと動いていくのが嬉しい。
[PR]
by kura_do | 2007-02-24 20:24 | 建築

まだ製材中

わが家の工事は、まだ木材の製材中。
そろそろ終盤といったところでしょうか?

角材にしたり、
f0058274_101492.jpg

f0058274_10143414.jpg

その残りの側材で、厚板などをとります。
f0058274_10154346.jpg

6mの長ものの梁材は、この丸太でとります。
f0058274_10164636.jpg

[PR]
by kura_do | 2007-02-11 10:19 | 建築

製材

わが家の建設工事ですが、その後の進捗状況です。

基礎工事は、いまだ養生中。
もう型枠を脱型してもよいのですが、
基礎屋さんが忙しいのと、我々も
急いでないので、そのままになっています。

上屋の方は、現在やっと材木の製材です。
製材は、近くの製材屋さんに頼みました。
木割り表を渡して、製材してもらっています。

こんな感じで、梁材にしたり、
f0058274_835592.jpg


4寸角の材にしたり、
f0058274_852981.jpg


現在の心配事は、
持ち込んだ材木で、すべてまかなえるか?
ということで、足りなければ
新たに、丸太を買わなければなりません。

自宅建設は、楽しいだけではなく、
常にコストを意識して、取り組まなければならない
ということを、日々実感しています。
[PR]
by kura_do | 2007-02-08 08:21 | 建築

立ち上りコン打設

今日は、早朝の気温が、±0度。
いよいよ、基礎工事も大詰めの
立ち上りコンの打設です。
f0058274_17341426.jpg

コンクリートの強度は、24N/m㎡
スランプは、15㎝で、打設していきます。
f0058274_17401752.jpg

天端は、レベラーを流して、平滑にします。
f0058274_17412224.jpg

こんな感じです。
本日の打設量、3.5㎥。
トータル18㎥でした。
数日、養生します。
[PR]
by kura_do | 2007-01-15 17:47 | 建築

立ち上りコン打設準備

ベースコンも、なんとか固まり、
型枠を脱型して、基礎廻りを埋め戻しました。
f0058274_1714346.jpg

続いて、立ち上りコンの型枠を組んでいきます。
f0058274_173461.jpg

型枠は、鋼製型枠です。
f0058274_175428.jpg

作業も順調に進んで、本日、型枠完了です。
f0058274_1773136.jpg

雪が、降って、積もると困るので
シートで、養生します。
明後日、早朝から、立ち上りコンの打設です。
[PR]
by kura_do | 2007-01-13 17:12 | 建築

ベースコン打設完了

今日は、早朝の気温±0度。
昨日ほどは寒くない。
ベースコンの打設決行です。

コンクリートの打設に関しては、
当初、心配していたことがありました。
それは、ミキサー車が、現場まで
上がってこれるだろうか?
ということでした。
現場までの進入路は、幅員が狭く、
傾斜が、結構、急なのです。
おまけに砂利道です。
4WDでない車では、かなり厳しい道です。
f0058274_1835762.jpg

でも、なんとか上がれそうです。
かなり重いからだろうか?
f0058274_1826926.jpg

AM8:00より打設開始。
f0058274_1837770.jpg

1台のミキサー車から、2㎥のコンクリートを圧送していきます。
本当は、2.5㎥載せれますが、進入路の傾斜のせいで
2.5㎥では、溢れてしまうのです。
結局、8回来ました。
f0058274_1844448.jpg

PM12:00、無事、打設完了です。
トータル14.5㎥のコンクリート打設でした。
あとは、この寒さの中で、しっかりと固まってくれるか?です。
[PR]
by kura_do | 2007-01-11 19:01 | 建築

コンクリート打設準備

年が明けて、基礎工事も滞っていましたが、
本日より再開です。
でも、結構寒いです。
早朝の気温は、-4度でした。
f0058274_1641781.jpg

ベースコンを打設するところも防湿シートに雪が凍りついていて、
一つ一つ取り除いていきます。
f0058274_1673312.jpg

防湿シートを敷かない部分は、バーナーであぶって、
融かしていきます。
基礎屋さんです。
f0058274_1638073.jpg

こんなに寒いけど、明日は
コンクリート打設します。多分。
[PR]
by kura_do | 2007-01-10 16:46 | 建築

銀世界

f0058274_20584442.jpg

12月30日の朝の風景。
本当は、11月中に終わらせる予定だった基礎工事だったが
もろもろの準備が押しに押して、ベースコンも打設できずに
年を越してしまった。

基礎工事は自分達だけで運搬、施工を考えると
不安に思ってた部分で、たまたま2件先が基礎屋さんだった
という縁もあり、出来ることは手伝うのでなんとか安価で
お願いします〜と泣いてもらった。

こんな時期になったけれど、
なんとか少しでも暖かい日に打設できるといいなー。
[PR]
by kura_do | 2007-01-03 21:32 | 建築

はじまり

パーマカルチャーを実践すべく、この土地へ移住して、1年9ヶ月が
経過しようとしている。その間、敷地内の古いお蔵を自分達で改修して、
仮住まいしながら家づくりを含めた土地のデザインを練ってきた。

移住当初から、自分達の変遷を何らかの形で記録しようと思っていましたが、
日々の暮しに追われて、時間ばかりが過ぎて行くばかりでした。
構想を練りながら、いろいろ準備してきた家づくりがいよいよ動き出す
段階となり、自分たちの記録も含めて、この機会にブログを立ち上げる
こととなりました。

筆無精な2人ですが、これから建築だけでなく、ここでの「暮し」について、
出来るだけ更新してゆきたいと思っていますので、見守って頂けたら幸いです。


f0058274_15511055.jpg


家づくりに使う材木は、お世話になっている方の計らいで杉の立ち木をいただき
ました。今年の初め、新月に伐採してから葉枯らし乾燥させていました。
当初は6ヶ月で製材する予定でしたが、なんやかんやとしている内に10ヶ月
も経ってしまいました。

この杉材はおよそ50年生。この木で家を建てられると思うとワクワクする。
ここまで育ってくれた木に感謝し、大切に使ってゆきたい。
[PR]
by kura_do | 2006-12-29 17:37 | 建築