2010年 07月 02日 ( 1 )

かまどオーブンペチカ②

レンガをきちんと積むのは、はじめてなだけになかなか難しい。
見たり聞いたりしていても、やっぱり人は経験がモノをいう。

耐火レンガをつないでいくのは、耐火モルタルにセメントを混ぜたもの。
当初は、須藤さんの石窯の本なんかを参考に耐火セメントにするつもりでいたのですが、
中古の耐火レンガを買いに行った時に、そこのおっちゃんが、
「ストーブ作るくらいなら、耐火セメントは高いから耐火モルタルにセメント混ぜたので
大丈夫だからだまされたと思ってやってみろ。」と譲らないので、
やってみることにしました。なんか、大丈夫みたいです。(笑)
耐火モルタル10に対してセメント1~2割ってところでしょうかね。

f0058274_19245764.jpg


扉はね~、いろいろいろいろいろいろ迷って既製品としました。
耐火ガラスから炎がゆらゆら見えるってのを、夢見ていましたが、
どうも経験上、高い高性能のストーブでもないし、燃焼効率的に見ても、
ガラスは、すぐに煤けて真っ黒になってしまうのではないかと思い始めたり、
スチールワークできないので、人に頼んだ時のコストなんかもかんがみての決断です。
それに扉ちっちゃいしね~。

自分の中では、今はすっきりしてるので後悔はないかな。(K)
[PR]
by kura_do | 2010-07-02 19:40 | 建築