木を植えよう

東京から帰ってきて、
2人して、「木を植えたいね。」
という話になり、無理やり場所を作って、
果樹を3本植えた。

移住してから3年。
今まで植えた果樹は、およそ25本ほど。(たったの)
f0058274_17495788.jpg

出世頭は、手前に見えるプラムの2本。
我が家の果樹は、そのほとんどがホームセンターで売られている、
1本600円程の苗木を定植したものだが、
何故だか、このプラムの成長だけが早く、昨年は2個の実をつけた。

もっともっと果樹を植えたいのだが、
あと植えれる場所というと、一筋縄ではいかないところだらけ。

篠竹に覆われた藪の一群だったり・・・
まさに開拓してからでないと、というところばかり。

こういうところは、家ができてからかな~、
なんて思っていますが、
天国でにらみをきかせている人がいるから
できるだけ早くにしますかね~。(K)
[PR]
by kura_do | 2008-04-09 18:09 | パーマカルチャー | Comments(2)
Commented by shibichan at 2008-04-13 23:03 x
はじめまして。
田舎暮らしを考えるようになって、2年くらいになります。
現在は、候補地探しをしています。
去年、図書館で「パーマカルチャーしよう」という本を読みました。
家庭菜園歴20年のわたしにとって、初めて聞く言葉、内容でした。
ここ10年くらい有機無農薬で野菜をつくってはいましたが、
なんとなくという程度で知識は余りありませんでした。
パーマカルチャーという言葉に出会ってから、なぜかその方面の書籍に
目が行くようになりました。
題名は忘れましたが、かなり前に出版された土地の利用の仕方を説明した本(厚くて写真でなく白黒の絵で表現した)図書館で借りて読みました。
亡くなったのは、著者のかたですか?確かオーストラリアに住んでいるという。
地球環境問題を考えると、自然に負担をかけないような生活を、私も実践したいと思っています。
Commented by kura_do at 2008-04-14 17:49
shibichanさん
はじめまして、こちらこそ宜しくお願いします。
分厚い本は、ひょっとして、賀川豊彦著「立体農業の研究」でしょうか?
もう絶版になっていますが、良い本ですね。
日本語でパーマカルチャーのことを書いてある本の中では、
農文協から出ている「パーマカルチャー」が
一番まとまっていると思います。
亡くなったのは、ニュージーランド、レインボーバレーファームの
ジョー・ポラッシャーさんと言う方です。
世界でもっとも完成されたパーマカルチャー農場を
つくられた方です。
著者は、ビル・モリソンorデビット・ホルムグレンです。
お互いに、循環型の暮らしを実践していけるといいですね!!
<< ここ最近 東京 >>