実験

現在、自宅を建設する中で、保留としている所がいくつかある。

その一つに換気扇をどうするか?
という保留事項がある。

一般的には、換気扇は電気を使い、強制換気をして
臭気を排気するわけだが、
電気をソーラー発電で賄おうとしている我が家にとっては、
少しでも、消費電力は減らしたいところ。

換気扇も、たいしたワット数ではないため
しょうがないかな?と思っていたのだが、
ホームセンターなどで換気扇を物色していても
どうも設置する気になれないでいた。

何とか、電気を使わないで、換気扇の代わりとなるものを
作れないだろうか?そんなことを考えながら
今回の実験となった。

現在のお蔵での暮らしに換気扇は無く、
天ぷらでもしようものなら、油の臭いなどが
部屋中に充満する。
料理の臭いを何とかしなくてはならないという思いもあったので
これでうまくいけば一石二鳥というわけだ。

実験内容は、薪ストーブの煙突効果による引きを
利用して、何とか料理の臭気も引っ張ってくれないかな?
というもの。

本体はこんな感じ。
f0058274_17321612.jpg


多少は、引っ張ってくれるようだ。
f0058274_17332512.jpg


効果の程は、使いながら
また、レポートします。(K)
[PR]
by kura_do | 2007-12-04 17:36 | 建築 | Comments(3)
Commented by mammaya at 2007-12-04 22:43 x
なるふぉど。西洋の暖炉キッチンみたいなものって換気扇なんてないものね。でも暖炉で油ものという光景もみないしなぁ、、、。
コトコト煮たり、ジワジワ焼いたりだものね、、、。
昔の家はどうなってたんだろう?
揚げ物なんてとくに一般家庭ではしていなかったのだろうか。
と、昔の事をイメージするけど、この写真の見え方
センターにガス周りがあるホテルなどの厨房のようでもあるね。
レポート続き楽しみにしてます!
Commented by Riko at 2007-12-06 16:58 x
実験たのしそう~

いろいろやってレポートしてね☆


Commented by kura_do at 2007-12-11 08:32
まんま屋さん りこさん
続き楽しみにしていて下さい。
<< お宅訪問 柚子 >>