柚子

f0058274_19312437.jpg

柚子ってなんていい香りなんだろうか。
ただ、枝のトゲの大きいこと、そのトゲに触れると痛いのなんのって。
「いたたっ」と言いながら本格的な冬が訪れる前に、柚子を収穫した。

我が家の柚子の木は、300年ほど前からこの地を見守っている大木です。
その柚子の木を、私たちは勝手にこの集落の守り神さまと思っているのです。
なので守り神さまの生り物は、私たちのものであって、私たちだけのものではない。
まず、集落のみなさまにお裾分けしています。

柿は一年おきに生ると聞いたが、柚子にも生り年、裏年があるのだろうか。
今年はよく生ったので、余剰分を乾燥させたり、ジャムなどに加工してみようかな。(T)
[PR]
by kura_do | 2007-11-21 20:37 | 日常 | Comments(5)
Commented by kerokotan at 2007-11-21 22:02 x
見事な柚子ですね。代々恵みを与えてくれた柚子の守り手として選ばれた新しい二人がその意を汲んで地域に還元できる、幸せですね。
Commented at 2007-11-22 10:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kura_do at 2007-11-23 09:23
kerokotanさん
こちらはお世話になっているお礼に、と思ってのお裾分けなのですが、
そのお礼を持ってこられる、かえって申し訳ないのです。
しかし、こうやって地域の方とのコミュニケーションがとれるのも
柚子のおかげです。
Commented by 幡谷農園 at 2007-12-01 17:11 x
こんにちは~!
早速、拝見させて頂きました。
とっても、とっても綺麗なHPですね。
これからのお付き合い、宜しく御願いします。
Commented by kura_do at 2007-12-02 08:04
幡谷農園さん
なかなか更新が滞りがちですが・・・
こちらこそ宜しくお願いします。
<< 実験 リクエストにお答えして >>